ここから本文です

MotoGP:ロウズ、初めてのMotoGPマシンは「すべてが驚きだった」

オートスポーツweb 7月1日(金)22時10分配信

 2017年にアプリリアからMotoGPクラスに参戦するサム・ロウズは、ミサノで行われたアプリリアのテストに参加。初めてMotoGPマシンを走らせ、その機敏さに衝撃を受けたと語った。

 テストはイタリアのミサノサーキットで2日間に渡って行われ、ロウズは水曜日に60周、木曜日には69周を周回した。

 ロウズは初めてMotoGPマシンを走らせたテストを次のように振り返った。

「スロットルを回したときのスピードは本当に信じられなかったよ。素晴らしい感触だった。2日目の走行では、マシンをコントロールできるようになってきたから、どうやったらマシンを最大限に乗りこなせるか試してみた」

「多くの新しい発見があったし、それらの発見はすべてが驚きだった。まず何と言っても最初の驚きはマシンのパワーとスピードだ。カーボンブレーキの制動力もすごかったよ」

「シームレスにシフトチェンジができるギヤボックスにも本当に驚いた。電子制御にもね。マシンに乗ってすぐに快適だと感じることができたよ」

「RS-GPの機敏さは僕の想像以上だった。もっと乗りにくいマシンだと思っていたから、テスト前日の夜はとてもナーバスだったんだ。でも全然そんなことはなかった。MotoGPのマシンに乗るのが簡単だと言うわけじゃないけどね」

 アプリリアのレーシングマネージャー、ロマーノ・アルベシアーノは、ロウズが最初からMotoGPマシンに順応したことに感銘を受けたと述べている。

「ロウズは初めてのマシンに乗り、すさまじいパワーやカーボンブレーキまで、ありとあらゆる新しいことに対処しなくてはいけなかった。でも、彼はすぐにリラックスしていたよ。彼の分析は正確で、チームへのフィードバックも的確だった」

「当然ながら、我々はタイムを期待していたわけじゃない。でも、この二日間のテストで我々はとても安堵している」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月1日(金)22時10分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。