ここから本文です

遂にMVが公開!話題作とタイアップしたリアーナによる壮大なバラードはNo.1ヒットなるか?(Song Review)

Billboard Japan 7月1日(金)12時5分配信

 2016年1月27日に急遽シングル「ワーク」をTIDALから配信し、米ビルボード・ソング・チャート9週のNo.1を死守する大ヒットを記録したリアーナ。翌28日には、8thアルバム『アンチ』が発売され、TIDAL会員限定で無料配信するという、前代未聞のリリースをしたことも話題に。「ワーク」や、最新チャートで8位にランクインしている2ndシングル「ニーデド・ミー」の大ヒットにより、アルバムは初登場から1週も逃さずTOP10内にランクインし続け、全米だけでもミリオンを記録する大ヒットに至っている。

 アルバム『アンチ』からの3rdシングルが、どの曲になるのか注目されていた矢先、アルバムには未収録の新曲「スレッジハンマー」を6月27日に発売し、自身のインスタグラムで、楽曲の視聴やプロモーション・ビデオのショート・バージョンを公開したリアーナ。インスタだけで、既に80万回を超える視聴回数を記録していて、リスナーの評価も上々。そして、遂に本日フル・ミュージック・ビデオが公開された。

 この曲は、全米で7月22日に公開される話題の映画『スター・トレック Beyond』のサウンドトラック盤に収録されるリード曲で、リアーナのシングルとしては珍しいタイプの、壮大なバラード・ナンバーに仕上がっている。映画のイメージを表現し、最新技術を駆使して制作したビデオもすばらしく、広大な大地で歌う、赤い民族風の衣装を纏ったリアーナがインパクト絶大。

 プロデュースを担当したのは、チャーリー・プースやワン・ダイレクションの最新作を手掛けた、ジェシー・シャトキン。そして、リアーナによる2012年のNo.1ヒット「ダイヤモンズ」を制作した、シーアも参加している。そのシーアの新曲「チープ・スリルズ」は、最新チャートで6位に浮上、リアーナとカルヴィン・ハリスの新曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」は5位まで上昇中で、お互いに絶頂期といえるタイミングでの、4年ぶりの再タッグとなった。

 映画『スター・トレック Beyond』の日本公開は、10月に予定していて、本作は『スター・トレック』の映画版第13作目となる。

Text: 本家 一成

◎「Sledgehammer」MV
https://youtu.be/BXhIT4MpRis

最終更新:7月1日(金)12時5分

Billboard Japan