ここから本文です

『子連れ狼』ハリウッドリメイク 実写版『攻殻機動隊』プロデューサーが企画

クランクイン! 7月1日(金)18時34分配信

 1970年に発表されて人気を博した小池一夫の時代劇漫画で、映画やTVドラマにもなった『子連れ狼』が、ハリウッド映画としてリメイクされることが決定。海外メディアEmpireなどが報じている。

【関連】ハリウッドで活躍する日本人俳優たち<フォト特集>


 『子連れ狼』は、流浪の剣客・拝一刀が、小さな子供・大五郎を守りながら、暗殺を請け負い日本を旅する姿を描く作品。これまで萬屋錦之介、若山富三郎、田村正和らが拝一刀を演じてきた。企画を進めているのは『ゴーストライダー』シリーズなどのプロデューサーとして知られる、スティーヴン・ポールの製作会社SPインターナショナル・ピクチャーズ。

 ポールは、人気格闘ゲーム『鉄拳』の実写化に加え、士郎正宗の人気漫画『攻殻機動隊』をスカーレット・ヨハンソン主演で実写映画化する『Ghost in the Shell(原題)』のプロデュースも務めている。

 『Ghost in the Shell』は、主演のスカーレット・ヨハンソンを筆頭に、アジア人ではなく白人が起用されているために批判を受けてきたが、その後、ビートたけし、桃井かおり、福島リラといった日本人俳優もキャスティングされている。今回の『子連れ狼』についてポールは、現状では誰が主演を務めるか明らかになっていないものの、役どころは不明だが「アジア人をキャスティングする」とコメントしている。

 『子連れ狼』ハリウッド実写版は、『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督、『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リン監督などによって製作される話が浮上していたが、いずれも企画が進展しなかった。

最終更新:7月1日(金)19時26分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。