ここから本文です

映画『ジャングル・ブック』 キャストや監督が語る、クマの“バルー”の魅力とは?

クランクイン! 7/1(金) 16:00配信

 ディズニーの名作アニメを実写化した映画『ジャングル・ブック』から、劇中に登場するクマの“バルー”の魅力を、字幕版でボイスキャストを務めたビル・マーレイが紹介する特別映像が到着した。

【関連】『ジャングル・ブック』フォトギャラリー


 本作は、ジャングルの動物たちに育てられた人間の少年モーグリ(ニール・セディ)を主人公に、自然の掟と共に雄々しく生きる者たちの愛や憎しみ、喜びや悲しみを謳いあげる感動の物語を描く作品。モーグリを取り巻く動物たちを演じるのは、ハリウッドを代表する名優達だ。

 ビルが演じたバルーは、ジャングルを追われたモーグリと出会い、強い絆を結ぶ陽気なクマ。規則に縛られずに自らのルールで生きる、根っからの自由精神の持ち主だ。食べることが大好きな怠け者で、感情豊かでユーモアのセンスを持ちながら、生きることの厳しさや戦うすべも知っている。

 自身がバルーを演じたビルは、解禁となった映像の中で、「すばらしい映画だ。私はバルー役だ。クマだからね。デカい」と紹介。一方、監督であるジョン・ファヴローは「彼はちょうど、読むべきではないとされているような本を生徒に勧めて、“本当の”世界に目を開かせてくれる高校の先生のような存在です」とコメント。実際に、劇中でバルーは、モーグリに様々な教えを授ける良き“師匠”としての活躍を見せているので、多くの観客は彼のことを大好きになってしまうはずだ。

 映画『ジャングル・ブック』は2016年8月11日より全国ロードショー。

最終更新:7/1(金) 16:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]