ここから本文です

滝沢秀明、初主演映画で“最狂キャラ” 『呪怨』監督と初タッグ、新境地に挑む

クランクイン! 7月1日(金)5時0分配信

 数多くのドラマに出演、舞台「滝沢歌舞伎」では主演のみならず演出も手掛け、マルチな才能を発揮している滝沢秀明の映画初主演が決定した。滝沢が映画に出演するのは17年ぶり。『呪怨』の清水崇監督がメガホンをとる最新ホラー『こどもつかい』で、子供の霊を操る最狂キャラクターを演じ、新境地に挑む。Hey! Say! JUMPの有岡大貴と若手女優の門脇麦も共演する。

【関連】「門脇麦」フォトギャラリー


 今回、滝沢が演じるのは、子供の霊を操り、大人に呪いをかける謎の男“こどもつかい”。突然、子供の前に現れては巧みにその心に入り込み、連れ去ってしまう。いつの間にか帰ってきた“こども”に遭遇した大人は、3日後に謎の死を遂げていく。滝沢と初タッグを組む清水監督は「これまで幾つものホラー映画を作ってきましたが、今回は滝沢さんと共にかなり狂ったホラーキャラクターを生み落します」と宣言している。

 映画初主演の滝沢は、「数々の大作を手掛けていらっしゃった清水監督とご一緒出来る事も大変嬉しく思います。この作品は、怖いだけではなく笑いもあったり、人間の成長物語だったりと沢山のテーマがあり、今までにない作品になりそうです」と心境を明かし、完全オリジナルのホラー作品への意気込みを見せている。

 不審死事件の謎を追う新聞記者・江崎駿也役を演じるのは、Hey! Say! JUMPのメンバーとして人気を博し、活躍の場を広げている有岡。「初めての映画の現場ですが、こどもつかいに翻弄される江崎駿也を自分のものにできたらと思います」と恐怖の連鎖を止めるべく、勇敢に立ち向かっていく役どころに気合十分だ。

 一方、門脇は駿也の恋人で、こどもつかいに翻弄される原田尚美役に扮する。「初めての清水組!初めての本格的なホラー作品!初めて尽くしで胸躍るときめきがその不安を軽々越えています。ホラー初心者な私ですが気持ちを新たに頑張ります」と清水監督作品への出演に期待を膨らませている。

 滝沢と恐怖映画の旗手・清水監督による最狂ホラー『こどもつかい』は2017年、全国公開。

最終更新:7月1日(金)5時0分

クランクイン!