ここから本文です

有村架純×岡田惠和のタッグは最強!? 朝ドラ『ひよっこ』を心待ちするファン続出

クランクイン! 7/1(金) 12:40配信

 2017年春から放送されるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロイン・みね子を女優の有村架純が務め、脚本を数々のヒットドラマを手掛けた岡田惠和が担当することが発表された。ツイッターなどのSNSでは「毎日かわいい有村さまが見れる」「有村ちゃんキター! しかも岡田惠和」といった早くも放送を心待ちするファンの声が多く寄せられている。

【関連】「NHK朝の連続テレビ小説」ヒロインに起用された女優たち<フォト特集>


 『ひよっこ』の舞台は、東京オリンピックが開催された1964年の茨城県。高度経済成長の真っ只中、集団就職で上京したヒロインのみね子が、下町の町工場などで働きながら、自らの殻を破って成長していく姿を描かれる。今年の秋から撮影が行われるという。

 ヒロインに起用された有村は、2013年に放送された連続テレビ小説『あまちゃん』で、ヒロインの母親の少女時代を演じて大ブレイク。それだけに、今回の朝ドラ主演は、ファンにとっては感慨深いものがあるのだろう。

 ネットでは、「嬉しくてずっとそわそわしてる。待ち遠しい」「家族の好きな有村架純ちゃんが主演。これは、観る価値ありそう」等、好意的な声が多数寄せられており、『あまちゃん』以上の話題を呼びそうだ。その一方で「朝ドラってハードなんでしょ~?」「忙しい架純ちゃん大変すぎないかなー? 」「体調管理とかに気をつけてほしい」と売れっ子女優だけに体調を心配する声もちらほら。

 また、本作の脚本を『ちゅらさん』『おひさま』などの名作を手がけてきた岡田惠和が担当することから、「大好きなちゅらさんとおひさまの脚本家さんだから楽しみ」「3度目の朝ドラ脚本は期待しかない!」「岡田惠和の朝ドラ外れないから見ちゃうんだろうなぁ」と、有村の主演に加えて、岡田が作るオリジナルストーリーにも期待が集まっている。

 朝ドラのヒロインは、通常はオーディションで選ばれているが、今回、有村は岡田の熱望で、オーディションなしで主演が決定した。岡田と有村は、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』でもタッグを組んでおり、その相性の良さは証明済み。高視聴率が続く朝ドラだけに、最強タッグによる『ひよっこ』も多方面から注目され、高い人気を博しそうだ。

 連続テレビ小説『ひよっこ』は2017年4月3日より総合テレビほかで放送。

最終更新:7/1(金) 12:41

クランクイン!