ここから本文です

ディズニーアニメ『シュガー・ラッシュ』続編が制作 2018年全米公開

クランクイン! 7/1(金) 13:38配信

 ヒーローになりたいゲームの悪役ラルフが、レースゲーム「シュガー・ラッシュ」に迷い込み、レーサーになることを夢見る少女ヴァネロペと冒険を繰り広げるヒットアニメ『シュガー・ラッシュ』の続編が制作されることが明らかになった。

【関連】「シュガー・ラッシュ」フォトギャラリー


 米ディズニー・アニメーション・スタジオのもと、1作目の監督を務めたリッチ・ムーア、共同監督のフィル・ジョンストン、ラルフのボイスキャストを務めた俳優ジョン・C・ライリーが、フェイスブックでのライブストリーミングで発表した。

 2018年3月9月より全米公開が予定されているという。ムーア&ジョンストン、ジョンが続投するほか、ヴァネロペのボイスキャスト、コメディ女優サラ・シルヴァーマンも返り咲く。

 Deadlineによると、ムーア監督は1作目が公開された直後から続編を練っていたとのことで、「今度はラルフの掟破りが彼にしか出来ない形でインターネットをめちゃくちゃにする」とコメントしたそうだ。1作目のキャラクターの多くが2作目に再登場するという。

 閉店後のゲームセンターで繰り広げられるゲームの世界の裏側を描いた1作目『シュガー・ラッシュ』。世界興行収入は4億7100万ドル(約484億4700万円)を超え、その年のアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞で長編アニメ賞にノミネートされた。

最終更新:7/1(金) 13:38

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]