ここから本文です

今年はまだまだチャンスあり! どうなる?オールスターの「監督選抜」

ベースボールキング 7月1日(金)6時30分配信

オールスター「選手間投票」の出場選手が決定

 6月30日、「マツダオールスターゲーム2016」の選手間投票の結果が発表された。

 12球団の支配下登録選手全員が投票を行い、各ポジションで最も投票を集めた1名がオールスター出場権を得るというこの制度。同じプロから選ばれるという点で、選手たちも毎年この結果を気にしている。

 今年は、ファン投票ですでに選出済みの選手に投票が集中。新たに選ばれたのは、セ・リーグでウラディミール・バレンティン(ヤクルト/外野手)とブラッド・エルドレッド(広島/外野手)、パ・リーグからはエルネスト・メヒア(西武/一塁手)の3名のみとなった。

 バレンティンはこれが4度目の選手間投票での選出で、通算5度目となるオールスター出場。メヒアは一塁手部門と指名打者部門でトップの票を集めるという珍しい結果となったが、投票数の多かった一塁手部門での選出となり、指名打者の枠は監督選抜に移行することが決まった。

「監督選抜」、セ・リーグの注目は?

 これで投票でのオールスター出場選手がすべて決定。残すは「監督選抜」のみとなった。

 「監督選抜」とは、28名のオールスター出場選手枠から、ファン投票および選手間投票で選出された選手数を差し引いた数を出場監督が選出するというもの。今年は両リーグともファン投票と選手間投票から13名しか選ばれておらず、過半数を超える15名が「監督選抜」から選ばれることになるのだ。

 多くの選手にチャンスが巡ってきそうな今年…。ここまでに選出が決まった選手を振り返りながら、残った注目選手を見ていきたい。

【セ・リーグ】
<投手>
菅野智之(巨人) [ファン] [選手間]
田島慎二(中日) [ファン]
山崎康晃(DeNA) [ファン]

※あと8名~9名
☆候補選手
・黒田博樹(広島)・野村祐輔(広島)
・ジョンソン(広島)・中崎翔太(広島)
・ジャクソン(広島)・ヘーゲンズ(広島)
・沢村拓一(巨人)・マシソン(巨人)
・田口麗斗(巨人)・井納翔一(DeNA)
・今永昇太(DeNA)・三上朋也(DeNA)
・大野雄大(中日)・藤浪晋太郎(阪神)
・岩貞祐太(阪神)・メッセンジャー(阪神)
・秋吉亮(ヤクルト)・ルーキ(ヤクルト)

<捕手>
中村悠平(ヤクルト) [ファン] [選手間]

※あと1~2名
・戸柱恭孝(DeNA)・原口文仁(阪神)

<内野手>
新井貴浩(広島) [ファン] [選手間]
山田哲人(ヤクルト) [ファン] [選手間]
川端慎吾(ヤクルト) [ファン] [選手間]
坂本勇人(巨人) [ファン] [選手間]

※あと3~4名
☆候補
・菊池涼介(広島)
・田中広輔(広島)
・村田修一(巨人)
・倉本寿彦(DeNA)
・ビシエド(中日)
・ゴメス(阪神)
・鳥谷敬(阪神)

<外野手>
筒香嘉智(DeNA) [ファン] [選手間]
丸 佳浩(広島) [ファン]
高山 俊(阪神) [ファン]
バレンティン(ヤクルト) [選手間]
エルドレッド(広島) [選手間]

※あと1名~2名
☆候補
・鈴木誠也(広島)
・長野久義(巨人)
・ナニータ(中日)
・福留孝介(阪神)
・坂口智隆(ヤクルト)


◎好調・広島から大量選出の予感?
→ ファン投票と選手間投票で新井、丸、エルドレッドと3名を輩出中。
→ 好調支える投手陣前後の3本柱や、菊池・田中の二遊間コンビ、売出し中の鈴木などまだまだ有力候補が多数!

◎第2戦は横浜開催!地元・DeNAの注目は...
→ 筆頭候補はファン・選手間ともに菅野に次ぐ2位に入ったルーキーの今永か。
→ 打率3割超えの倉本も有力。ロペスはケガ明けだが間に合えば可能性アリ。

1/2ページ

最終更新:7月1日(金)8時58分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報