ここから本文です

星野源、新曲“Hello Song”公開! 10歳から憧れの植木等への思いを歌う

RO69(アールオーロック) 7/1(金) 12:10配信

星野源の新曲“Hello Song”が、ACジャパンの2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」のTVCMとラジオCMソングとしてオンエアされることが発表された。

再び東京でオリンピックが開催される4年後に向けて「2020年に向けて、日本を考えよう」というテーマのもと、当時の元気さや前向きさに負けずに日本を盛り上げていこう、という想いが込められたTVCM。1964年当時のモノクロ映像と星野源の楽曲がシンクロした仕上がりとなっているとのこと。さらに、同CMではナレーションも星野源が担当している。CMの動画は、現在ACジャパンウェブサイトにて公開中。

ACジャパンウェブサイトはこちら。
https://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/self_all_02.html

映像中には星野が憧れてやまないという植木等の映像も使用されており、時代を超えて共演が実現。なお、昨日発表された、ハウスウェルネスフーズ『ウコンの力』のCMソングとなっている新曲“Drinking Dance”含め、リリースに関しては未定となっている。今回CMソングの提供にあたり、星野源から以下のコメントが届いている。

-------------------------------------------------------
動く植木等さんと自分の歌が同じ場所にいる。10歳の頃から想い続けた植木さんへの気持ちを、こんな風に歌にする機会がくるとは思っていませんでした。本当に感慨深く、未来は予想外に、やはり面白いです。全ての人に笑顔の未来が訪れるように祈っています。

星野源
-------------------------------------------------------

CMの詳細は以下の通り。

●CM情報
ACジャパン「ライバルは、1964年。」篇
楽曲:星野源“Hello Song”(新曲)
ACジャパンウェブサイトにて公開中
https://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/self_all_02.html

RO69(アールオーロック)

最終更新:7/1(金) 12:10

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]