ここから本文です

綾野剛が舞台あいさつ 劇場自慢で全国1位のジストシネマ和歌山

紀伊民報 7月1日(金)16時39分配信

 インターネット投票で全国1位になった映画館に、6月25日に公開された映画「日本で一番悪い奴ら」(白石和弥監督、R―15)の主演綾野剛さん(34)が舞台あいさつに訪れる企画で、和歌山市松江の「ジストシネマ和歌山」が1位に選ばれた。

 企画名は「綾野剛を呼ぼう!日本で一番 映画館自慢キャンペーン」。全国106の映画館が劇場の自慢をインターネット上で紹介し、閲覧した人の投票数を競う。

 ジストシネマ和歌山は「日本で一番ポテトが売れる劇場」と題し、売店で一番人気のポテトを紹介した。お客さんからおいしいという声が多く、映画を見ずにポテトだけ買いに来る人もいるという。ホームページやSNSで投票を呼び掛け、4万3587票を獲得した。2位とは1万5千票以上差が開いた。

 「ジストシネマ和歌山」の大槻尚宏店長(43)は「キャストを呼ぶ企画は都会のように人口の多い所での開催が多いので、和歌山に来てくれるのはうれしい。頑張ってくれたみんなに感謝している」と話している。

 7月9日午後1時半の「日本で一番悪い奴ら」上映終了後と、午後4時45分の上映開始前に綾野剛さんが舞台あいさつをする。詳しくは、同劇場のホームページ(http://www.o-entertainment.co.jp/xyst_cinema/wakayama/information.html)で。

最終更新:7月1日(金)16時39分

紀伊民報