ここから本文です

【予想スタメン】調子上向きの湘南、“走力”と“総力”がダービーマッチ勝利のカギ

SOCCER KING 7月1日(金)20時10分配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第1節
7月2日 19:00 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス(@Shonan BMWスタジアム平塚)

■湘南ベルマーレ “らしさ”を発揮して4戦無敗と好調も、横浜FM戦は過去の対戦成績で大きく負け越し

 柏レイソルとのアウェーゲームに臨んだJ1・1st第17節、湘南は相手にボールを握られながらも粘り強く対峙し、後半の先制点につなげた。前から激しく奪いにいき、裏を返されても素早く戻り、奪えば人数をかけて前へ前へと押し寄せる。後半アディショナルタイムに追いつかれ、勝負は1-1で決したものの、ゲームをとおして貫いた自分たちらしさにポジティブな印象は色濃い。

 ここ4試合を2勝2分と、安定を示す守備とともにいずれも先制点を奪い、勝ち点を重ねている。一度は逆転されながら追いついたJ1・1st第15節のガンバ大阪戦のように、チームとして力強さも増している。相手を上回る走力を背景に、今節も粘り強く先手を取りたい。

 今節迎える横浜FMとの通算対戦成績は、7勝2分18敗と大きく水をあけられている。ただ、1stステージの対戦では、相手に主導権を握られながら無失点に抑え、逆に虎の子の1点を奪って勝ち点3を引き寄せた。この時に挙げたリーグ戦今季初勝利は、クラブとして1997年以来となる横浜FMからの白星でもあった。

 前回敗れていることも相まって、横浜FMはより士気高く臨んでくるだろう。相手は百戦錬磨の試合巧者だけに、湘南としてはここ4試合と同様にうまく試合を運びたい。例えば、前節で長谷川アーリアジャスールが湘南初ゴールを挙げたように、コンディションの良さはそれぞれに認められる。すなわちスタメンは、ゲームをいかにデザインするかで変わるだろう。いずれにせよ、“走力”と“総力”を持って挑みたい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-6-1
GK
村山智彦
DF
奈良輪雄太
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
石川俊輝
下田北斗
菊池大介
大槻周平
高山薫
FW
端戸仁

■横浜F・マリノス 下平の代役には今季初先発の金井が抜擢か、湘南とのアウェー戦は10戦無敗

 1stステージは3戦未勝利(1分2敗)のまま終了して11位。エリク・モンバエルツ監督が「フィニッシュで決め切ることができなくては、このまま中位で終わってしまう」と強い危機感を示すとおり、得点力向上が最大の命題だ。J1・1st第17節はFC東京を相手に、後半だけでシュート15本を放つなど攻め続けたが、終盤にセットプレーから失点。その前の1-1に終わった大宮アルディージャ戦も、攻め込みながら1点が遠いという内容のゲームを繰り返している。指揮官は、2ndステージにおいてシンプルにロングボールを放り込むなどして、攻撃に幅を持たせたい考えだ。

 ここ5試合で奪った5得点はすべてセットプレーから。その絶対的な左足の精度を誇る中村俊輔が両足首痛を抱えているのは大きな不安材料だ。攻撃を操るトップ下の代役は2試合連続で兵藤慎剛だろう。また、左サイドバックの下平匠は負傷で調整が遅れている。「個人的にはまだ何もしていない。悔しい思いをぶつけることが大事」と意気込む金井貢史が移籍後初の先発出場する見通しで、気合十分だ。

 ワントップは大卒ルーキー、富樫敬真の久々のゴールに期待したい。過去に圧倒的な好相性を誇った湘南だが、ここ2試合は勝ちがない。1stステージでは1997年以来となる黒星を喫し、その後チームは不振に陥った。だが、アウェーでは10戦無敗(9勝)である。後半の開幕戦、勝って勢いをつけたい“神奈川ダービー”だ。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-5-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
金井貢史
MF
喜田拓也
中町公祐
マルティノス
兵藤慎剛
齋藤学
FW
富樫敬真

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)20時21分

SOCCER KING