ここから本文です

【予想スタメン】得点力不足の柏、戻ってきたエースが先発濃厚…今季の対戦成績は新潟に分

SOCCER KING 7月1日(金)20時40分配信

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第1節
7月2日 19:00 柏レイソル vs アルビレックス新潟(@日立柏サッカー場)

■柏レイソル ここ4試合は白星なしでわずか2得点、クリスティアーノに期待がかかる

 1stステージはラスト4試合で2分2敗と失速。J1・1st第17節の湘南戦でも攻勢の時間帯にゴールが奪えなかったように、4試合で2得点という決定力不足が波に乗れない原因の一つでもある。

 ただ今週は、6月22日に完全移籍が発表されていたクリスティアーノが合流。昨季1年間は柏でプレーしていたため、合流直後にはすんなりチームに溶け込んだ様子だ。クリスティアーノの得点力と突破力を柏の決定力不足解消のきっかけとしたい。下平隆宏監督は「コンディションが良ければ2ndステージの開幕から使いたい」と起用を示唆しており、登録面の問題さえクリアすれば、クリスティアーノがスタメンに名を連ねる可能性は高い。

 “クリスティアーノ効果”は他の部分にも影響を及ぼしており、1stステージで柏の攻撃を牽引してきたディエゴ・オリヴェイラは「クリスティアーノが加わることでマークが分散される。チームの攻撃力が増すと思う」と相乗効果を期待している。

 今季、新潟と2度対戦した柏は1敗1分と勝ち星なし。さらに、アディショナルタイムの失点によって目前で勝利を逃したリーグ戦、圧倒的に押し込みながら好機を逸し、カウンター2発に泣いたルヴァン杯と、試合の運び方にも拙さの目立つ課題多き試合だった。今回はそれらの反省材料を生かさなければならない。

 中足骨骨折が癒えた今井智基が、今度はそけい部のけがで離脱と相変わらず台所事情は厳しいが、大谷秀和と山中亮輔が部分合流し、彼らの復帰は間近に迫っている。ベストの布陣をそろえた時に巻き返すためにも、2ndステージの序盤戦を良い形で乗り切りたい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-4-2
GK
中村航輔
DF
鎌田次郎
中谷進之介
中山雄太
輪湖直樹
MF
伊東純也
栗澤僚一
秋野央樹
クリスティアーノ
FW
中川寛斗
ディエゴ・オリヴェイラ

■アルビレックス新潟 前節は山崎亮平が今季初ゴールを記録、攻守両面で高い安定感を維持

 J1・1st第17節のサガン鳥栖戦は被シュート2本、枠内シュートに至っては0本という堅守ぶり。攻めては山崎亮平が今季初ゴールを挙げる完勝だった。前半途中にGK守田達弥が負傷交代するアクシデントはあったが、チームは落ち着きを失うことなく戦い抜いた。吉田達磨監督の目指すサッカーが浸透してきた証だ。

 改めて明確になった新潟のスタイルが、チームを勢いづかせている。鳥栖戦で今季初の組み合わせとなった山崎、鈴木武蔵の2トップが前から積極的にプレッシャーを掛け、2列目以降で回収したボールを的確につないで攻撃へと展開する。守備から攻撃へ、攻撃から守備へというスムーズな流れは、開幕当初のチームには見られなかった。

 額に裂傷を負い心配された守田も、木曜から全体練習に復帰。「メディカル陣のおかげで日に日に腫れが引いて、視界もまったく問題ない」という守田は、より高い集中力を発揮しながら準備を進める。

 U-23日本代表として南アフリカ戦に出場した野津田岳人、松原健、鈴木武蔵にとってはハードな日程となるが、3人ともしっかり自覚しており、不安はない。暑さが本格化するこれから、より優位に試合を進めるには追加点を奪う力、運動量の維持が課題。チームがレベルアップするために避けられない課題をクリアし、2ndステージ初戦をモノにして、勢いをさらに増したい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
大野和成
コルテース
MF
加藤大
小林裕紀
レオ・シルバ
田中達也
FW
鈴木武蔵
山崎亮平

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)20時54分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報