ここから本文です

同点弾にPK成功…MOM選出の18歳、R・サンチェス「自信があった」

SOCCER KING 7月1日(金)11時2分配信

 ユーロ2016準々決勝が6月30日に行われ、ポルトガル代表はポーランド代表と対戦した。1-1のまま延長戦を終えても決着がつかず、PK戦の末にポルトガルが勝利し、ベスト4進出を決めた。試合後のMFレナト・サンチェス(バイエルン)のコメントを、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 R・サンチェスは、1点を追う33分に同点弾となるミドルシュートを決めた。またPK戦では、2人目のキッカーとして登場し成功。マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた同選手が試合後、インタビューに応えた。

 チームのベスト4進出に大きく貢献したR・サンチェスは「得点は、チームにとっても僕にとっても素晴らしい瞬間だったね。僕らはハードワークを続けてきたしベストを尽くしていたんだ。人々は僕たちを批判してきたけど、気にしないよ。準決勝まで進めたんだから」と、勝利の喜びを語っている。

 PK戦については「監督が、蹴りたい奴はいるかと聞いてきたんだ。クリスティアーノ(・ロナウド)が最初で、僕は2番目に名乗り出た。監督は信頼してくれていたし、僕はそれだけの自信があったんだよ。決めること以外は考えていなかったね」と振り返り、「運を味方につけるには、ハードワークをする必要がある。時に僕らはラッキーだけど、それはこれまでハードワークをしてきたってことなんだ」と、これまでの努力がPK戦での勝利を呼び込んだことを強調した。

 ポルトガル代表は3大会ぶりの決勝進出を目指して、6日にウェールズ代表とベルギー代表の勝者と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)11時5分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]