ここから本文です

目標は15連勝! 手倉森監督がリオ五輪代表を発表「1番上のメダルを」

SOCCER KING 7月1日(金)15時22分配信

 日本サッカー協会(JFA)は7月1日、リオデジャネイロ・オリンピックに挑む日本代表メンバーを発表した。手倉森誠監督が、メンバーや選出の狙いなどについて語っている。

 メンバーは前日の深夜、寝る前に決定したという手倉森監督。選出のポイントについて「どこにも準備できるメンバー構成を、トータルに考えて決めた」とコメント。その上で「間違いなく全員ピッチに立ちます」と、総力戦になる見通しを示した。

 キャプテンはこれまで、MF遠藤航(浦和レッズ)が務めてきたが、「遠藤のままでいきます」と本大会でも同選手に主将を託すことを明言した。また、背番号を公表しなかったことに関しては「ここで発表したら、次のネタがみなさんなくなるんじゃないか」と、会場の笑いを誘い「後日発表します」とコメントしている。

 第44回トゥーロン国際大会で左足のじん帯を負傷したDF岩波拓也(ヴィッセル神戸)もメンバー入りを果たした。回復の状況については「思った以上に早い。彼は来週から完全合流します。このチームに絡み続けてきた彼は、間違いなくコンディションを持ってこれるだろうと、私の中で確信しました」と選出の理由についてコメントした。

 海外組はFW久保裕也(ヤングボーイズ)とMF南野拓実(ザルツブルグ)のみ。オーバーエイジ枠で選出されたDF塩谷司(サンフレッチェ広島)とDF藤春廣輝(ガンバ大阪)、FW興梠慎三(浦和レッズ)も海外でのプレー経験はない。このことについては「ロシア・ワールドカップに対して、若い世代と可能性を持っている3人(OA枠)は、ここを修羅場にしてほしい」と、将来的なA代表での活躍に向けた成長の機会であることを強調している。

 大会の具体的な目標に関しては「15連勝してメダルを取る。1次予選で3連勝、最終予選の6連勝で9つ積み重ねてますけど、あと6個勝てば15個になる。そうすれば優勝だと。最低でもメダルを獲りたい時に、金メダルを目指さなければ、どこにも引っかからない。1番上のメダルを目指してやりたいと思います」と、金メダル獲得を目標に設定することを明かした。

 リオデジャネイロ・オリンピックは8月4日に開幕予定。日本代表は本大会でグループBに入り、8月4日にナイジェリア代表、同7日にコロンビア代表、同10日にスウェーデン代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)16時40分

SOCCER KING