ここから本文です

レスター指揮官、王者撃破の母国イタリアに言及「全選手を称賛したい」

SOCCER KING 7月1日(金)17時21分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が、ユーロ2016で準々決勝進出を果たしたイタリア代表を称賛している。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が6月30日に報じた。

 ラニエリ監督は、母国のイタリア代表について「彼らはユーロでとても良くやっている。とても優れた監督がいて、チームが一体となっている。全ての選手を称賛したい」と話し、27日に行われたラウンド16(決勝トーナメント1回戦)で王者スペイン代表を破ったチームを称えている。

 またラニエリ監督は、ラウンド16でアイスランド代表に敗れて敗退となったイングランド代表についても言及。「イングランド代表のサッカーが危機に陥っているわけではないのだが、この50年間、ユーロでもワールドカップでも競争力を見せていない。これは説明がつかないことだ。一方のアイスランド代表は素晴らしい冒険を見せていて、とても素晴らしい大会にしているね」と続け、イングランド代表が主要大会で好成績を残せていない現状について、「説明できない」と述べている。

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)17時21分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。