ここから本文です

ポーランド代表FWミリク獲得にユヴェントスが興味…ユーロで印象残す

SOCCER KING 7月1日(金)18時15分配信

 アヤックスに所属するポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクの獲得に、ユヴェントスが興味を示しているようだ。7月1日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 アウクスブルクなどでプレー経験のある22歳のミリクは、アヤックスで2シーズンにわたってプレーしており、75試合で47ゴールをマークする活躍を見せてきた。現在はポーランド代表としてユーロ2016に参加しており、北アイルランド戦ではゴールを奪った。6月30日に行われたポルトガル戦でもフル出場していたが、チームはPK戦の末に敗北を喫し、ベスト8で敗退している。

 同紙によれば、ミリクの獲得をユヴェントスが狙っているようだ。スペイン代表FWアルバロ・モラタの退団が決定し、ストライカーの補強を考えている同クラブは、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)や、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(アーセナル)、ベルギー代表FWロメル・ルカク(エヴァートン)などに興味を示していると報じられていたが、ここに来てミリクの名前が浮上してきている。

 ユヴェントスは、ミリクがポーランドのゴルニク・ザブルゼに所属していた2012年から調査を開始していたという。同クラブで38試合で11ゴールをマークした同選手はその後、レヴァークーゼンに引き抜かれた。

 なお、同選手に注目しているのはユヴェントスだけではない。ラツィオやインテル、ローマなども同選手を注視している。また、エヴァートンやセビージャ、レヴァークーゼンからのオファーは、すでにアヤックスによって断られたという。

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)18時19分

SOCCER KING