ここから本文です

アウクスブルク、宇佐美の正式加入を発表…翌2日から練習参加へ

SOCCER KING 7月1日(金)21時13分配信

 アウクスブルクは1日、日本代表FW宇佐美貴史の正式加入をクラブ公式サイトで発表した。

 宇佐美は6月30日に現地アウクスブルクに到着し、翌7月1日朝にメディカルチェックを無事完了。2020年6月30日までの4年契約に正式サインを行った。翌2日にはチームトレーニングに参加する予定だという。

 同選手は「すぐにメディカルチェックや契約へのサインが完了できてよかったです。新しいチームメイトと知り合えること、ピッチで彼らとプレーできることを楽しみにしています」とコメントしている。

 現在24歳の宇佐美は2009年に当時17歳でガンバ大阪のトップチームに昇格。2011-12シーズンにドイツの名門バイエルンに加入し、翌2012-13シーズンはホッフェンハイムでプレーした。

 2013年6月には当時J2に沈んでいたG大阪への復帰。途中加入となった2013シーズンは18試合出場19ゴールの活躍で、J2優勝とJ1昇格の立役者となった。翌2014シーズンには自身初のベストイレブン入りを果たし、チームの三冠(J1、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯)達成に貢献。昨季は34試合でチームトップの19得点を記録し、2年連続でベストイレブンを受賞した。今季は明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ全17試合に出場し、5ゴールを記録した。

SOCCER KING

最終更新:7月1日(金)21時22分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]