ここから本文です

スペイン代表、デル・ボスケ監督が退任の意向「続投のつもりはない」

ゲキサカ 7月1日(金)10時58分配信

 スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督(65)が退任の意向を表明した。

 デル・ボスケ監督は2008年にEUROを制したルイス・アラゴネス前監督の後任として指揮官に就任。以後、2010年の南アフリカW杯を制し、2012年のEUROも制覇。黄金期を形成していた。

 しかし14年ブラジルW杯ではまさかのグループリーグ敗退。EURO2016では決勝トーナメント1回戦でイタリア代表に敗れ、史上初の3連覇の夢が潰えていた。

 デル・ボスケ監督はスペイン『ラジオ・ナシオナル』に対し、「監督を続投するつもりはない」と明言。「EUROでの結果は私の将来を疑いのないものにした」と事実上の退任表明を行った。

最終更新:7月1日(金)11時23分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報