ここから本文です

レワンドフスキ、今大会初ゴールはEURO史上2番目の早さ

ゲキサカ 7月1日(金)19時16分配信

[6.30 EURO準々決勝 ポーランド 1-1(PK3-5) ポルトガル マルセイユ]

 ポーランド代表のFWロベルト・レワンドフスキがポルトガル代表戦で決めたゴールは、EURO史上2番目に早いゴールだったようだ。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイトが伝えている。

 初のグループリーグ突破を果たし、ベスト4進出をかけてポルトガルと対戦したポーランドは前半2分、左サイドからMFカミル・グロシツキがグラウンダーのクロスを供給すると、ゴール前に走り込んだレワンドフスキが蹴り込んで先制点。しかし、その後にポルトガルが追いつくと、最後はPK戦までもつれ込み、PK3-5でポーランドはベスト8での敗退となった。

 同サイトによると、ブンデスリーガ得点王の今大会初ゴールは、キックオフから1分40秒で決まったようで、これは、2004年大会にロシア代表FWドミトリ・キリチェンコがギリシャ代表戦で決めた1分7秒に次ぐ、EURO史上2番目に早いゴールだったようだ。EURO史上最速ゴールランキングは以下のとおり。

1位 1分7秒:ドミトリ・キリチェンコ(ロシア)
2004年6月20日 vsギリシャ代表

2位 1分40秒:ロベルト・レワンドフスキ(ポーランド)
2016年6月30日 vsポルトガル代表

3位 2分:ロビー・ブレイディー(アイルランド)
2016年6月26日 vsフランス代表

4位 2分7秒:セルゲイ・アレイニコフ(旧ソ連)
1988年6月18日 vsイングランド代表

5位 2分14秒:ペトル・イラチェク(チェコ)
2012年6月12日 vsギリシャ代表

5位 2分14秒:アラン・シアラー(イングランド)
1996年6月26日 vsドイツ代表

7位 2分25秒:マイケル・オーウェン(イングランド)
2004年6月24日 vsポルトガル代表

8位 2分27秒:フリストフ・ストイチコフ(ブルガリア)
1996年6月13日 vsルーマニア代表

最終更新:7月1日(金)19時16分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。