ここから本文です

新旧フェラーリが走りを披露 グッドウッド映像

carview! 7月1日(金)12時29分配信

フェラーリは、6月24日から26日にかけて英ウェスト・サセックスで開催されたグッドウッド フェスティバル オブ スピードで、GTカーや「コルセ・クリエンティ」のモデルを披露した。コルセ・クリエンティとは、フェラーリの引退したF1マシンなどの管理・運営を行う部門である。

【写真をもっと見る(5枚)】

またレーシングドライバーの姿も見られた。たとえば元F1ドライバーでスクーデリアフェラーリのテストドライバーを務めるマルク・ジェネ、元F1ドライバーのルネ・アルヌー、世界耐久選手権やルマン24時間レースのドライバーのサム・バードなど錚々たる顔ぶれが集まり、会場で1周1.16マイルのヒルクライムコースで走りを披露した。

スーパーカーパドックには、UK初公開となる「カリフォルニアTハンドリングスペチアーレ」や「488スパイダー」「F12 Tdf」などが展示。さらに顧客からの要望に応えてワンオフで製作された「458MMスペチアーレ」も姿を見せた。

ほかにコルセ・クリエンティからは「488 GT3」や「FXX EVO」「599XX EVO」「FFK K」が出展。加えて2009年のスクーデリアフェラーリが展示に加え、マルク・ジェネのドライブでその走りを披露した。

株式会社カービュー

最終更新:7月1日(金)12時29分

carview!