ここから本文です

シネ・ロック・フェスで『パープル・レイン』、『ストレイト・アウタ・コンプトン』などの上映が決定

bmr.jp 7月2日(土)0時0分配信

シネ・ロック・フェスで『パープル・レイン』、『ストレイト・アウタ・コンプトン』などの上映が決定

シネ・ロック・フェスで『パープル・レイン』、『ストレイト・アウタ・コンプトン』などの上映が決定

「ロックの殿堂入り」アーティストの選りすぐりのライブ映像やドキュメンタリーなどを一挙に上映する〈シネ・ロック・フェスティバル〉が今年も開催。今年4月に亡くなったプリンス主演の『パープル・レイン』や、昨年世界的な大ヒットとなったN.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』などの上映が発表された。

昨年同様に、銀座の丸の内ピカデリー3で開催される〈シネ・ロック・フェスティバル 2016〉。今年は7月23日(土)~8月5日(金)の2週間に渡って、20本以上の作品を上映。映画作品では、亡きプリンスの自伝的青春映画で、サウンドトラックとして発売された『Purple Rain』が世界で2200万枚以上を売り上げたことでも有名な『プリンス/パープル・レイン』や、西海岸の伝説的ヒップホップ・グループ N.W.A.を描いた伝記映画で、音楽伝記映画としても、黒人監督による映画としても、史上最高の興行収入を記録した昨年のヒット作『ストレイト・アウタ・コンプトン』などの上映が決定。

加えて、1953年に29歳の若さで他界した“伝説のシンガー”ハンク・ウィリアムスの半生をトム・ヒドルストンが演じる『アイ・ソー・ザ・ライト』が10月の公開を前に先行上映されるほか、『セッション』、『ピンク・フロイド/ザ・ウォール』などが上映。初日23日(土)には、オープニング・イベントとしてピーター・バラカンと萩原健太を招いた『アイ・ソー・ザ・ライト』の上映イベントが行われる。

他にも、トーキング・ヘッズの『ストップ・メイキング・センス』、シガー・ロスの『インニイ』、クイーンの『クイーン・ロック・モントリオール1981』などのライブ映像や、『デヴィッド・ボウイ・イズ』、『ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト』、『12-12-12 ニューヨーク、奇跡のライブ』などのドキュメンタリーがラインナップに並ぶ。

また今回は、〈爆音映画祭〉とのコラボレーションによって7月29日(金)、30日(土)、31日(日)の3日間が「爆音DAY」となり、野外フェスさながらの迫力サウンドで楽しむことができる。29日(金)に『ストレイト・アウタ・コンプトン』など、31日(日)に『プリンス/パープル・レイン』など「爆音DAY」のラインナップには15本が選ばれている。爆音入場券は本日からすでに発売中。

最終更新:7月2日(土)15時50分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。