ここから本文です

菅田将暉、『セトウツミ』は「DVDで見るタイプの映画」?

ぴあ映画生活 7月2日(土)19時38分配信

此元和津也の同名マンガを映画化した『セトウツミ』の初日舞台あいさつが7月2日に、都内で行われ、本作で本格的な初共演を果たした池松壮亮と菅田将暉、共演する中条あやみ、メガホンをとった大森立嗣監督(『まほろ駅前狂騒曲』『さよなら渓谷』)が出席した。

初日舞台あいさつ その他の写真

関西に暮らす高校生ふたりが、ただひたすら喋っている放課後を描いた「ケンカもない、部活もしない、壁ドンもない」ユニークな青春映画。池松がクールなインテリメガネの内海、菅田がちょっとおバカなツンツン頭の瀬戸を演じている。

“喋る”だけの本作について、菅田が「完全にDVDで見るタイプの映画」と語ると、大森監督からは「おい!」の猛ツッコミ。菅田はいたずらっぽい笑顔で「そんな作品を映画館で見てくれる皆さんが大好きです。皆さん次第で続編もあるかもしれません」とアピールした。

一方、池松は「菅田くんとは今年に入って、共演が続いたのでしばらく(共演は)ないと思いますが、また一周してどこかでお会いしたいです。続編があればね」とこちらも続編に意欲。共演した感想を聞かれ「えぇ、まあ、えっと…」(池松)、「何かあるやろ!」(菅田)と劇中さながらのやりとりも披露した。

そんな二人の姿に、ヒロイン役の中条は「言葉よりも、その場の空気感を大切にされている。シンプルな男の友情はとてもうらやましい」と思わず女子目線。大森監督も「お互いに根底で信頼しているから、ツッコんだりけなし合っている(笑)」と池松&菅田のタッグに太鼓判。「日本を代表する若手スターですからね。放っておいても何かしてくれる」と全幅の信頼を寄せていた。

『セトウツミ』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

最終更新:7月2日(土)19時38分

ぴあ映画生活