ここから本文です

<AKB48島崎遥香>中山優馬に「チクショー」 現場では“塩”から“砂糖”に?

まんたんウェブ 7月2日(土)11時32分配信

 人気アイドルグループ「AKB48」の島崎遥香さんが2日、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で開催された映画「ホーンテッド・キャンパス」(竹本聡志監督)の初日舞台あいさつに登場した。主演の中山優馬さんが「撮影は1年以上前に終わっていた。初めてこの映画を見た時、懐かしいと思いつつ、迫力を感じて、公開を楽しみにしていた」と語ると、島崎さんは「昨日の夜、同じことを考えていた。(自分が言おうと思っていたので)チクショーと思った。言うことがなくなった」と語った。

【写真特集】ぱるるがセクシードレスで登場 美脚、美背中、胸元も…

 舞台あいさつには、共演者の大野拓朗さん、高橋メアリージュンさん、ジャニーズJr.の安井謙太郎さん、竹本監督も登壇。大野さんは“塩対応”などと呼ばれている島崎さんについて、「影のムードメーカー。監督とも、ぱる(島崎さん)は砂糖だね!と話していた。楽しそうにしていて、スタッフも(気持ちが)上がった」と話したが、島崎さんの反応は「うん」と一言だけだった。

 映画は「第19回日本ホラー小説大賞」の読者賞を受賞した櫛木理宇さんの同名小説が原作で、怖がりなのに幽霊が見えてしまう八神森司(中山さん)が、片思いの灘こよみ(島崎さん)を追って大学のオカルト研究会に入ったことで、次々とオカルト事件に巻き込まれていく……というストーリー。

最終更新:7月2日(土)11時50分

まんたんウェブ