ここから本文です

<動画>ローランド・エメリッヒ監督、スカイツリーで会見 「インデペンデンス・デイ」続編製作の理由明かす

まんたんウェブ 7月2日(土)19時29分配信

MANTAN

 1996年公開の大ヒットSF映画「インデペンデンス・デイ」の続編「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」のローランド・エメリッヒ監督らが来日し、6月29日に東京スカイツリー天望デッキ(東京都墨田区)で行われた会見に登場。ハリウッド映画の会見が同所で行われたのは初めてで、エメリッヒ監督は東京の街を一望して「とにかく東京の街は素晴らしい。大好きなんです。ちょっと『ブレードランナー』の世界という感じがします」と感激した様子で語った。

【動画】フル・フロンタルもびっくり!機動戦士ガンダムUCが「インデペンデンス・デイ」予告編でもコラボ

 エメリッヒ監督は、前作「インデペンデンス・デイ」について、「独立した1本で、完結したと捉えていた」とこれまで続編を作らなかった理由を吐露。今回続編製作に踏み切った理由については「『2012』(09年公開)という作品を撮っていたときに、デジタルカメラを使ってコンピュータでいろんな効果をやっていたときに、本当に目からうろこで。これは続編を作ってもいいなと思った」と明かした。

 会見には、主人公の熱血パイロット・ジェイク役を演じるリアム・ヘムズワースさん、共演するジェフ・ゴールドブラムさん、マイカ・モンローさんも出席した。

 「インデペンデンス・デイ」は、地球を侵略しようとするエイリアンと人類の戦いを描いたSF映画。続編は、前作でエイリアンを撃退してから20年後の世界が舞台で、エイリアンが再び襲来する。人類は回収したエイリアンの技術を利用して防衛システムを構築していたが、エイリアンの高度な兵力の前でなすすべがなく、絶滅の危機を救えるのは、数人の勇敢な男女たちの創造力だった……というストーリー。主人公のジェイクをリアム・ヘムズワースさんが演じる。7月9日公開。

最終更新:7月2日(土)19時29分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。