ここから本文です

学天即、馬鹿よ貴方は、ニューヨークら63組熱戦「ABCお笑いGP」最終予選

お笑いナタリー 7月2日(土)5時0分配信

「ABC創立65周年記念 第37回ABCお笑いグランプリ」の最終予選が昨日7月1日に大阪・ABCホールにて実施され、63組が登場した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ABCお笑いグランプリ」は芸歴10年以内の若手が漫才やコント、ピン芸などで争うお笑いコンテスト。前回の第36回大会ではGAG少年楽団が頂点に立った。昨日の最終予選では、昨年準優勝した学天即のほか、さらば青春の光、ジグザグジギー、ニューヨーク、馬鹿よ貴方は、ゆりやんレトリィバァらがネタを披露。参加資格でジャンルが問われないこともあり、落語家として唯一最終予選に進んだ林家愛染や、ヴァイオリンを用いた音ネタのスクールゾーンなど、バラエティに富んだ芸が客席を沸かせた。63組の中から決勝にコマを進める12組は、本日正午に番組オフィシャルサイトにて発表される。

決勝は7月18日(月・祝)14時からの生放送。司会を藤井隆と喜多ゆかり(ABCアナウンサー)が務めるのは既報の通りだ。

最終更新:7月2日(土)5時0分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。