ここから本文です

関西の磁気式共通カード「スルッとKANSAI」、来年3月限りで発売終了

レスポンス 7月2日(土)11時30分配信

スルッとKANSAI協議会などは7月1日、関西圏の公共交通機関が導入しているスルッとKANSAI対応カードについて、2017年3月31日限りで発売を終了すると発表した。駅の自動改札やバスでの共通利用も2018年1月31日限りで終了する。

スルッとKANSAI対応カードは、関西圏の公共交通機関が共通利用できる、ストアードフェアシステムの磁気式カード。カードの名称は発行している各社局ごとに異なるが、券面にスルッとKANSAIのロゴマークが記載されていれば、関西一円の鉄道・バスが共通利用できる。1996年3月、阪急電鉄・能勢電鉄・阪神電気鉄道・北大阪急行電鉄・大阪市交通局の5社局が導入。その後順次、関西圏の公共交通機関への導入が進んだ。

協議会の発表などによると、2004年にはICカード「PiTaPa」の導入が始まり、スルッとKANSAI対応カードの利用は減少していた。これを受けて、スルッとKANSAI対応カードの販売と共通利用を終了することにしたという。対応カードの発売と共通利用を終了する鉄道・バス事業者は以下の通り(カッコ内は発行カードの名称)。

●大手
近畿日本鉄道(スルッとKANSAIカード)
京阪電気鉄道(スルッとKANSAI Kカード)
阪神電気鉄道(らくやんカード)
阪急電鉄(ラガールカード)
南海電気鉄道(コンパスカード)

●準大手
北大阪急行電鉄(レジオンカード)
山陽電気鉄道(エスコートカード)
泉北高速鉄道(ブルーライナーカード)

●公営
京都市交通局(スルッとKANSAI都カード)
高槻市交通部
大阪市交通局(レインボーカード)
伊丹市交通局
神戸市交通局(スルッとKANSAIこうべカード)

●その他
比叡山鉄道
京福電気鉄道
大阪高速鉄道(モノカード)
能勢電鉄(パストラルカード)
神戸電鉄(すずらんカード)
北神急行電鉄
神戸新交通
近鉄バス
京都バス
京阪バス
京都京阪バス
京阪京都交通
大阪シティバス
尼崎交通事業振興
神戸交通振興
神鉄バス
山陽バス
南海バス
南海りんかんバス
南海ウイングバス金岡
南海ウイングバス南部
和歌山バス
和歌山バス那賀

スルッとKANSAI対応カードは2017年3月31日限りで発売を終了。翌日以降も駅の自動改札機やバスで共通利用できるが、2018年1月31日限りで共通利用も終了する。共通利用日の終了日までに使い切らなかったカードの扱いは、カードを発売している各事業者が後日案内する予定だ。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:7月2日(土)11時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]