ここから本文です

【NFL】ジェッツDBスクライン、「レビスの逆サイド守る意味は理解済み」

NFL JAPAN 7月2日(土)16時14分配信

 ニューヨーク・ジェッツのディフェンスバック(DB)バスター・スクラインは、名コーナーバック(CB)ダレル・レビスの逆サイドでプレイする意味を理解している。すなわち、相手クォーターバック(QB)たちに自分のサイドをより狙われるということをだ。

 昨季は主にスロットCBを務めたスクラインは、オフにCBアントニオ・クロマティが退団したことでレビスの逆サイドを任されることに。ミニキャンプ中には「来るなら来い」と『NJ.com』に語るなど、すでに気合十分の様子だった。

「クリーブランド・ブラウンズではジョー(CBヘイデン)と一緒だった。プロボウルCBとだ。だからこうした状況は未知の領域ってわけじゃないし、不安もない。自分のところにたくさんパスが来ても決して恐れることはない。ブラウンズでもみんなが同じことを自分に望んでいたからね」

 27歳のスクラインは2014年までブラウンズで4年間プレイ。ラスト2年は連続で18パスディフェンスと活躍した。ただしジェッツへ移籍した昨季は先発8試合にとどまり、7パスディフェンス、1INTどまりだった。

<ニューヨーク・ジェッツ>

最終更新:7月2日(土)16時14分

NFL JAPAN