ここから本文です

岩田寛は予選落ち 首位にG.チャルマース

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月2日(土)11時35分配信

◇米国男子◇バラクーダ選手権 2日目◇モントルーG&CC(ネバダ州)◇7472yd(パー72)

「WGCブリヂストン招待」フォトギャラリー

ツアーで唯一のポイント制(※)で争う「ステーブルフォード方式」の大会は2日目が終了。2位から出たグレッグ・チャルマース(オーストラリア)が6バーディ、2ボギーで10ポイントを加算し、通算24ポイントの単独首位に浮上した。

通算22ポイントの2位に、ゲーリー・ウッドランドとマーティン・レアード(スコットランド)。通算21ポイントの4位にコルト・ノスト。さらに1ポイント差の5位にブレンダン・スティールが続く。

6ポイントの47位から出た岩田寛は、予選カットラインにあと1ポイント差で迎えた最終18番(パー5)で痛恨のトリプルボギー。2バーディ、4ボギー1トリプルボギーとして3ポイントのマイナスとなり、通算3ポイントの103位タイで3試合連続の予選落ちに終わった。

(※)ポイント配分
・アルバトロス/8ポイント
・イーグル/5ポイント
・バーディ/2ポイント
・パー/0ポイント
・ボギー/-1ポイント
・ダブルボギー以下/-3ポイント

最終更新:7月4日(月)13時4分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)