ここから本文です

ニャンコの楽園? レトロな街“神楽坂”で出会った猫雑貨たち

ITmedia LifeStyle 7月2日(土)12時25分配信

 猫をモチーフにした小物や生活雑貨を日々紹介していく連載、粋なニャンコモノ。

 今回は神楽坂にある「ねこの郵便局というなまえのお店」から、インタビュー回で紹介しきれなかったキュートな雑貨たちを紹介します。

【商品画像】猫の体重まで再現?「ひざねこ」

●ぬいぐるみ「ひざねこシリーズ」

 「自然な重さ」にこだわって作られたという、ひざねこシリーズ。ぬいぐるみの大きさから重さまで、より本物の猫らしく作られています。ポーズをとらせて飾る、自分の膝の上にのせてなでる、写真撮影用に……など、使い方はさまざまです。

 お腹の部分も、本物の猫のお腹のような肌触りが特徴です。色は、グレイ、ブラウン、ブラック、オッドアイホワイトの4色。値段は3800円(税別)より。

●絵はがきを楽しむ

 昔のCanonのロゴが入った中古のカメラはホルダー付きで1500円(税込)。カメラの横にある絵はがきは216円(税込)です。

 インタビュー回でも紹介したように、オーナーさんの粋なはからいで、中古のカメラは1台880円(税込)でお店においてあります。在庫も限りがありますが、7月2日現在では4台ほど用意があるそうです。

 趣味で写真を撮るという人は多いかもしれませんが、オーナーさんの話によると「使う用のカメラとは別に、観賞用のアンティークカメラとして部屋に1台おいておくのもおすすめ」とのこと。

 次回もかわいい猫モチーフ雑貨を紹介していくので、お楽しみに!(※グッズはタイミングによって完売していることがございます)

最終更新:7月2日(土)12時29分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]