ここから本文です

【レスリング】高田延彦、吉田秀彦に担がれて吉田が壮行会に登場

イーファイト 7月2日(土)21時45分配信

 8月に開催されるリオデジャネイロ五輪で女子選手として史上初の五輪4連覇に挑むレスリング女子53kg級の吉田沙保里(フリー)の壮行会が、7月2日(土)都内で行われた。 

【フォト】この壮行会の模様

 吉田の激励に1096人が集まる中、高田延彦・RIZIN統括本部長、元MMA(総合格闘技)ファイターの吉田秀彦に担がれて入場した吉田。

 壮行会でたくさんの激励を受けた吉田は「アテネ、北京、ロンドンの金メダルに続いて、4連覇はそう簡単なことではないと思います。父(元レスリング選手の吉田栄勝)はもういません。でも、3歳から父に習ったタックル、攻める気持ち、攻めるレスリングをリオで悔いのないように出し切って4連覇を目指して頑張りたいと思います。日本国民の皆さんに元気、感動、勇気を与えられるように頑張ってきます」と固い決意を語った。

最終更新:7月2日(土)21時45分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。