ここから本文です

波瑠、どんぶりまんトリオの3人っが好っき~!

シネマトゥデイ 7月2日(土)14時7分配信

 国民的人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の映画版最新作『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』の初日舞台あいさつが2日、都内で行われ、劇場版アニメ作品の声優に初挑戦し、ヒロイン・ルンダの声を担当した女優の波瑠が出席。「アニメのお仕事は初めて。難しかったけど楽しくお仕事ができました」と笑顔を見せた。

【写真】永野、「お金とアンパンマンが大好きです!」

 シリーズ第28作目となる本作は、おもちゃの星からやってきたゼンマイ仕掛けの少し気が強くてワガママなお姫様ルンダ(波瑠)が、アンパンマン達との出会いを通して、成長していく物語。舞台あいさつにはアンパンマンの声を務める戸田恵子、ばいきんまんの声を担当する中尾隆聖、優しいロボット・ナンダ役の中川礼二(中川家)、海の主・ヌラ役の中川剛(中川家)、「アンパンマン」の楽曲を歌う双子デュオ、ドリーミングも登壇し、原作者やなせたかしさんの楽曲「勇気のルンダ」を会場の約400人のファンと大合唱する場面もあった。

 波瑠は「家にビデオもありましたし、アンパンマンは大好きでした」と言うと、「特に好きなのはどんぶりまんトリオの3人」と告白。戸田は「波瑠さんが生まれた時にはわたしたち、既にこのお仕事やっていたかも」としみじみ。

 礼二は客席の拍手を受け「これを聞けただけでもよかった」と安堵。アフレコを振り返り「大変でした。2時間くらいかけてやらさせてもらいました」と話すと、剛が「ヌラは10分で収録が終わりました」と明かし、笑いを誘った。その剛は「(収録は)少しだけでしたけど、参加させてもらっただけでも感謝です」と喜んでいた。

 また会場には、情報番組「PON!」(日本テレビ系)の取材でお笑い芸人の永野も足を運んでいたが、ステージ脇から中川家に「もっと、テンション上げろ!」とゲキ。スポットライトを浴びると、子供たちに笑顔を振りまき、「お金とアンパンマンが大好きです!」と調子のいいあいさつを繰り出していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』は全国公開中

最終更新:7月2日(土)14時47分

シネマトゥデイ