ここから本文です

メルセデスとヱビス、ドイツの本格派のこだわり

レスポンス 7月2日(土)14時30分配信

メルセデス・ベンツ日本とサッポロビールがコラボし、クルマとビールが楽しめる“ザテラス”が、東京六本木にオープンした。

[関連写真]

「ヱビスビールは126年の古い歴史があるが、それだけではなくドイツの本格派ビールを作ろうという強いこだわりを持っていた」とは、サッポロビール代表取締役社長の尾賀真城氏の弁。ドイツにはビール純粋令があり、これは麦芽とホップと水しか使わないというものだ。その作り方を頑なに守ってきたのがこのヱビスなのだ。そして、ザテラスで提供されるのは、「最高峰を作りたいと5月に発売したヱビスマイスターだ」と尾賀氏。

サッポロビールブランド戦略部恵比寿ブランドグループリーダーの岸祐介氏によると、「原材料にロイヤルリーフホップを使っており、そのホップを粉砕してペレット(錠剤のようなカタマリ)にせず、圧や熱などのストレスをかけないでより自然な形で真空にしたものを輸入している」とそのこだわりを語る。その結果、「ふくよかな香りと、研ぎ澄まされたこく。それでいながらあっさりさらっと飲めるという最高峰という名に相応しいビールに仕上がった」と尾賀氏はその完成度に自信を見せる。

また岸氏は、「クルマの最高峰であるメルセデスとのコラボレーションなので、ヱビスにとってもそれに応えられる商品として、ヱビスの最高峰ヱビスマイスターを選択した」とコメント。

そして尾賀氏は、「メルセデスベンツは上質で、洗練され、そして、安全安心で信頼されるまさにプレミアムブランドだが、アルコールとのコラボレーションは今までなかった」とし、「今回 “Drive or Drink 飲むなら乗らない 乗るなら飲まない”という考え方をきちんと定めたことで、今までにないコラボレーションが実現した。ここでは、これまでにない豊かな時間、経験を作ってもらえると思っている」と今回の印象を語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:7月2日(土)14時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]