ここから本文です

※普通のお茶です 赤い液体がにじむサメ型ティーバッグがクラウドファンディング中

ねとらぼ 7月2日(土)11時10分配信

 イルカが泳ぐティーバッグなどを開発していた大翔水産は、新たにサメ型のティーバッグを開発。クラウドファンディングサイトの「Makuake」で商品化に向けた支援者を募集しています。

【ジンベエザメでかい】

 サメ型のティーバッグは「ホオジロザメ」と「ジンベエザメ」の2種類。ホオジロザメタイプは、ティーバッグ部分のずっしりとしたフォルムと人間の形をした持ち手が特徴で、茶葉はローズヒップとハイビスカスをベースに、カモミール・ローズフラワー・アップルピースなどを使用。凶暴なホオジロザメのイメージ通り、ティーポッドに入れると海に血がにじみ出ているように見えて少しスリリング。でもお茶です。

 またジンベエザメのティーバッグは、スケール感を表現するために持ち手の部分が船の形に。茶葉には高級深蒸し茶を使用し、まろやかさやコクを感じられる茶葉になっています。

 商品化を目指してクラウドファンディング中のサメのティーバッグ、2270円から1万3990円までのコースがあり、各種ティーバッグなどがリターンとして用意されています。目標金額は100万円ですが、前回のイルカのティーバッグが目標金額50万円に対し250万円を突破するなど大反響だったことを考えると、今回のサメのティーバッグの商品化も期待できるかも?

最終更新:7月2日(土)11時10分

ねとらぼ