ここから本文です

土屋太鳳×竹内涼真「青空エール」新写真10点到着、つばさと大介の恋や青春映し出す

映画ナタリー 7月2日(土)12時4分配信

土屋太鳳と竹内涼真の共演作「青空エール」の新たな場面写真10点が到着した。

このたび公開された写真には、竹内演じる大介が土屋扮するつばさに手を差し出すさまや、つばさが吹奏楽部の先輩・森優花にトランペットの扱い方を教わる様子、つばさと水島亜希が肩を組むシーンなどが捉えられている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

なお本作のInstagramアカウントでは、“たお空エール”“たけ空エール”と銘打ち、土屋と竹内が撮影した写真を公開中。また公式サイトがこのたびリニューアルされ、トランペットの音が鳴る仕掛けが加わったのでファンはあわせてチェックしてみては。

河原和音の同名マンガを実写化した「青空エール」は、吹奏楽部でトランペットを担当するつばさと野球部員・大介の恋と青春を描いた作品。監督は「アオハライド」の三木孝浩が務めた。8月20日より全国でロードショー。



(c)2016 映画「青空エール」製作委員会 (c)河原和音/集英社

最終更新:7月2日(土)12時4分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。