ここから本文です

<千葉雄大>清水富美加が“恋しい” 現場では「お酌ごっこ」

まんたんウェブ 7月2日(土)20時49分配信

 俳優の千葉雄大さんが2日、東京都内で行われた映画「全員、片想い」の初日舞台あいさつに浴衣姿で共演者とともに出席。映画は八つの恋愛エピソードを描くオムニバス作品で、舞台あいさつには、それぞれの作品の出演者が2名ずつ出席し、撮影のエピソードを披露。「あさはんのゆげ」(山岸聖太監督)で共演した清水富美加さんが欠席し、1人で参加した千葉さんは「こんなに清水富美加を恋しいと思ったことはない」とジョークを飛ばし、「お互い日本酒が好きで、(撮影中は)お酌ごっことかしてました」と苦笑いしながら明かした。

【写真特集】広瀬アリス、斎藤工、新川優愛、知英、橋本マナミら豪華浴衣競演

 舞台あいさつには千葉さんのほか、伊藤沙莉さん、中川大志さん、森絵梨佳さん、桜田通さん、広瀬アリスさん、斎藤工さん、知英さん、新川優愛さん、志尊淳さん、千葉雄大さん、加藤雅也さん、男性6人組ダンスボーカルグループ「CROSS GENE(クロスジン)」のTAKUYAさん、主題歌を務めた歌手の黒木渚さんも出席。

 斎藤さんは、女子高生と美容師との恋を描く「サムシングブルー」(宅間孝行監督)で共演した広瀬さんから「(斎藤さんは)ずっとDVDを見てました」と明かされ、「エッチなやつじゃないですよ。ちゃんとした映画です」と苦笑い。「広瀬さんはマンガを読んでたり、お互い別々の行動をしていました。決してギクシャクした感じじゃないですよ」と語って、笑いを誘っていた。

 「全員、片想い」は加藤さんがパーソナリティーを務めるFMヨコハマの番組「BANG!BANG!BANG!」での発信をきっかけに、小説投稿サイト「E★エブリスタ」とFMヨコハマが共同で片思いをテーマに小説を募集し、選ばれた4作とオリジナルストーリー4本を映画化した。

最終更新:7月2日(土)20時49分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。