ここから本文です

ハッセルブラッドのミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の実機を写真でチェック

ITmedia LifeStyle 7月2日(土)12時47分配信

 ハッセルブラッドが6月22日(スウェーデン現地時間)に発表した、ミラーレス中判デジタルカメラ「X1D」の日本向け発表会が7月1日、ハッセルブラッド ストア 東京で行われた。7月6日から予約を開始し、9月初旬に発売となる。価格はオープンで、予想実売価格は102万8000円(税別)となる。

【写真はこちら】従来のHシステムのレンズもマウントアダプターを介して装着可能だ

●軽量ボディに大きなセンサー

 初めにそのスペックをさらっておこう。センサーサイズは43.8×32.9mm、画素数が8272×6200ピクセルの5000万画素で、画素ピッチが5.3×5.3μmのCMOSセンサーを搭載する。電子ビューファインダーは236万ピクセル、モニターはTFT液晶で3インチ92万ピクセルの固定式。モニターはタッチパネルとなっている他、iOSデバイスで30fpsのリモートライブビューをすることも可能。

 センサーのISO感度は100~25600、階調は16bitで、ダイナミックレンジは14ストップと広い。ファイルフォーマットは静止画でJPEGまたはRAW(3FR)、動画で1920×1080ピクセル25fpsのH.264だ。シャッタースピードは1/2000秒~60分となる。

 記録にはデュアルSDカードスロット(UHS-I)を備え、PCとの接続にはUSB 3.0 Type-Cケーブルを用いる。Wi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)とGPS機能も搭載する。本体サイズは150(幅)×98(高さ)×71(奥行き)mmで、重量はバッテリー込で725gとなる。

 レンズは新たにXCDレンズを開発した。シャッタースピードが最速でも1/2000秒なのは、シャッターにレンズシャッターを採用しているからだ。レンズシャッターはシャッタースピードが稼げない一方で、シャッターを切った時に比較的遅いシャッタースピードでも手ブレしにくいという利点がある。また、従来のHシステムのレンズもアダプターを介して装着可能だ。フランジバックは18.4mm。

 レンズはまず45mmと90mmの2本がラインアップされる。それぞれ価格は税別24万8000円と29万8000円を予定している。

●X1Dのボディを隅々までチェック!

 会場ではX1Dを手に取ることができたため、そのデザインの細部を写真で紹介する。

最終更新:7月2日(土)12時47分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]