ここから本文です

【ドラゲー】望月が7・24船木との初対決へ肉体改造

東スポWeb 7月2日(土)17時3分配信

 Uになる。ドラゴンゲートのベテラン・望月成晃(46)が船木誠勝(47)との初対決に向け、肉体改造に取り組んでいる。

 望月は年間最大興行の24日兵庫・神戸ワールド記念ホール大会で藤原喜明組長(67)と組んで、船木&ドン・フジイ(45)組と激突。船木は昨年12月の博多大会でドラゲーに初参戦しており、今回が2度目の登場となる。

「第2次UWFの船木さんは憧れの存在だった。今を逃したら、もうチャンスはないと思い、自分から手を挙げた。四半世紀以上も育んだ恋心が成就するようなものですよ」と望月は目を輝かせた。

 そのために10キロ以上の減量を敢行中だ。
「ドリーム王座挑戦などの大一番では必ず減量しますが、今回は特別。2か月前は90キロあった。最終的には80キロを割るまで落とす。キレのある体で船木さんの前に立たないと失礼」と望月。

 現在はたんぱく質中心の食事に切り替え、一日10キロのランニングと、原点でもある空手道場で2時間、打撃の強化に取り組んでいる。ウエートトレは午前と午後の2回。ストイックな姿勢はまさにハイブリッドレスラーと重なる。

 最近の船木はリアルジャパンでレジェンド王者になり、FMWでは有刺鉄線マッチに挑むなど、幅広い活動を見せているが、望月は「今でもあの肉体を維持しているからすごい。顔面に蹴りや掌打を叩き込んで打撃勝負を狙う。勝てばその後も見えてくる」と意気込む。

 シングル激突も視野に入れ、研ぎ澄まされた体で神戸のリングに向かう。

最終更新:7月2日(土)17時3分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]