ここから本文です

240GB SSDがセット購入で5980円! メモリの底値感強まる

ITmedia PC USER 7月2日(土)13時34分配信

 今週末は様々なストレージが安く買えるチャンスが転がっている。

 テクノハウス東映などの東映無線系列店では、アーリーサマーセールを土日に実施。トランセンド製品か1000円以上の商品を購入すると、パトリオットの240GB SSD「BLAST PBT240GS25SSDR」が税込み5980円、またはシーゲイトの3TB HDD「ST3000DM001」が税込み6980円で買えるようになる。同店は「1回のお会計で1台限定ですが、お一人あたりの制限はないので何度もお会計してもらえれば複数台購入できますよ」とプッシュする。

【DDR4は底値?】

 パソコンSHOPアークは、週末限定で複数のM.2 SSDを再び税込み9980円としている。対象は、128GBの容量を持つSamsungのPCIe x4/AHCI接続モデル「SM951 MZHPV128HDGM-00000」と、SATA 3.0接続のCrucial製250GBモデル「MX200 CT250MX200SSD4」。

 同店は「リード最大2000MB/秒の速度が出るSM951を1万円で入手できるのはチャンスだと思います。高速ブート環境をなるべく安く構築したい人にお薦めです」とアピールしていた。

●16GBキットが税込み1万2000円を切るDDR4も「そろそろ値上がりしそう」

 DDR4メモリの特価も先週と同じ水準で安さが目立っている。円高の影響は他のパーツと同じようにまだ出ておらず、逆にDDR4全体の値上がりの動きも目立っていない。

 あるショップは「円高がしばらく続けば為替的には値下がりの方向に進むかもしれませんが、それよりも先にDDR4の元の単価が上昇する流れになると思います。一部のブランドはかすかに値上がりがみられますし、いまが底なのは確かでしょう」と語る。

 パソコンSHOPアークでは、CrucialのPC4-17000(DDR4-2133)が相変わらず狙い目だ。8GB×4枚キット「CT4K8G4DFD8213」が税込み1万1980円、16GB×4枚キット「CT4K16G4DFD8213」が同2万5980円で買える。

 BUY MORE秋葉原本店も週末特価の最安値はほぼ同じラインをキープしている。G.SKILLのPC4-21300(DDR4-2666)の8GB×2枚キット「F4-2666C15D-16GRR」が税込み7980円、PC4-19200(DDR4-2400)の8GB×2枚キット「F4-2400C15D-16GNS」が同6480円となるほか、panram製のPC4-19200 16GBキットも同じく6480円で用意している。

最終更新:7月2日(土)13時34分

ITmedia PC USER