ここから本文です

「Xperia X Performance」3キャリアから一斉発売、いきなり総合ランキングトップ!

ITmedia Mobile 7月2日(土)19時8分配信

 携帯販売ランキング(6月20日~6月26日):  

●キャリア総合ランキング TOP10

総合首位から陥落した「iPhone 6s」

 総合ランキング1位の座は13カ月近く、「iPhone 6s」と「iPhone 6」が占めてきたが、ついに今週それが途切れた。iPhone勢をトップから引きずり下ろしたのは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の人気端末「Xperia」シリーズ最新モデル「Xperia X Performance」だ。2月にバルセロナで開かれたMobile World Congress 2016で発表され、国内3キャリアが6月24日に一斉発売した。総合ランキングでは、1位にKDDI(au)の「Xperia X Performance SOV33」、2位にもNTTドコモの「Xperia X Performance SO-04H」がランクインし、「iPhone 6s」を上回った。

 ちなみに、13カ月前は「Xperia Z4」発売の時で、1位がNTTドコモの「Xperia Z4 SO-03G」、2位がau「Xperia Z4 SOV31」だった。前回は2週目にはまたiPhone勢にトップを取り返されてしまったのだが、果たして今回はどうだろうか。

●キャリア別ランキング TOP10 (NTTドコモ)

 NTTドコモのランキングのトップは、総合ランキングでも2位に入った「Xperia X Performance SO-04H」。ハイスペックモデルを求めるユーザーが流れたとみられ「Xperia Z5 SO-01H」は7位まで後退(先週3位)した。逆に「Xperia Z5 Compact SO-02H」は4位に順位を上げてきた(先週7位)。「Xperia X Performance SO-04H」は3波キャリアアグリゲーション(CA)に対応し、対応エリアなら下り最大375Mbpsで通信できる(上りは最大50Mbps)。IPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防塵(じん)性能を備えている。NTTドコモ独自機能である、VoLTEの「HD+」通話や、タップなしで電話の操作ができる「スグ電」などにも対応している。

●キャリア別ランキング TOP10 (au)

 KDDI(au)ランキングトップはもちろん、総合ランキング1位の「Xperia X Performance SOV33」。au版も3波CAに対応しており、対応エリアでは下り最大370Mbpsで通信できる。東京・渋谷駅周辺を皮切りに、大阪・梅田駅周辺、名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺に拡大する予定だ。Xperia勢としてはほかに「Xperia Z5 SOV32」が8位に入った(前回7位)。

●キャリア別ランキング TOP10 (ソフトバンク)

 ソフトバンクも、6月24日に「Xperia X Performance」を発売したのだが、NTTドコモやauのように発売即1位にはならず、5位に登場となった。ソフトバンク版も3波CA対応だが最大通信速度は下り最大262.5Mpbsで、他の2キャリアの数字に比べると見劣りがする。またAXGP接続時の最大速度は165Mbpsだ。過去、ソフトバンクのXperiaは発売から少し後に順位を上げてくる傾向があるので、次回以降の順位に注目したい。

最終更新:7月2日(土)19時8分

ITmedia Mobile