ここから本文です

ケロちゃんが渋谷に現れ「CCさくら」新作をアピール!なかよしに描き下ろし付録

コミックナタリー 7月2日(土)17時24分配信

CLAMP「カードキャプターさくら」の新作「クリアカード編」の開幕を記念し、ケロちゃんの着ぐるみが本日7月2日に東京・紀伊國屋書店西武渋谷店に登場した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

新作に合わせて制作されたこの着ぐるみは、6月に開催された東京おもちゃショー2016に続き、2度目のお披露目。西武渋谷店にケロちゃんが現れると店内からは歓声が上がり、整理券を手に入れた人たちはケロちゃんとの2ショット撮影を楽しんだ。店内には「カードキャプターさくら」の関連書籍が集められたコーナーも。

また「カードキャプターさくら クリアカード編」の第2回が掲載されているなかよし8月号(講談社)は本日発売。今号には「クリアカード編」のメモが付属し、CLAMP描き下ろしのイラストも用いられている。

「カードキャプターさくら クリアカード編」の連載がスタートしたなかよし7月号は、発売1週間でほぼ完売。これを受けて編集長の中里郁子氏は「発売1週間でほぼ完売してしまい、たくさんの読者にご迷惑おかけしてしまいました。「伝説的名作『カードキャプターさくら』を再度読みたい!」という編集部と読者の夢に、CLAMP先生が『究極のワクワク感』でこたえてくださった新連載が、完売というかたちでスタートできて、今後のさくらプロジェクトがますます楽しみになっています! 人気のあるステショふろくの号だったので、手に入らない読者もたくさんいて、本当に申し訳ない気持ちです。強い新連載と強いふろくが組み合わされると、これほど強いのか!と編集部自体もビックリしています」とコメントを発表した。

最終更新:7月2日(土)17時24分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。