ここから本文です

ロッシが主宰するスクールにヤマハの若手ライダー5人を派遣

エコノミックニュース 7/2(土) 19:55配信

 MotoGPの7戦カタルニアGPで優勝するなど、今季2勝目を果たしているバレンティーノ・ロッシ選手。ロッシはレース活動とは別に、2014年から「VR46 Riders Academy」を主宰しており、2016年にはヤマハ発動機 <7272> と3年間のオフィシャル・パートナーおよび、モーターサイクルのオフィシャル・サプライヤー契約を結んでいる。この「VR46 Riders Academy」とは、イタリア人の若手ライダーの活動をサポートするために開設した組織のことだ。

 今回、ヤマハがアジアロードレース選手権・アジア・プロダクション250(ARRC・AP250)に参戦中のライダーから、5名を選出し「VR46 Riders Academy」に派遣する。5名はロッシ選手の故郷でもある、イタリア、タヴッリアに滞在し、「THE MASTER CAMP」というトレーニングプログラムを全2回、各1週間受ける。指導はロッシやアカデミーのスタッフがあたる。

 選ばれたのは16~19歳までの5人で、国籍はそれぞれタイ人、インドネシア人2名、日本人、マレーシア人2名となる。中でも期待したいのが、2016年ARRC・AP250でランキング8位(第3戦終了時)の南本宗一郎選手(16歳)と、インドネシア人のイマニュエル・プトラ・プラトナ選手(19歳)だ。特にプラトナ選手は2014年の鈴鹿4時間耐久で優勝したチームのライダーでもある実力者で、アジア・アセアンで活躍したライダーに贈られる、YAMAHA RIDER AWARDS 2015 “The Spirit of Challenge”も受賞している。

 MotoGPで活躍しているライダーの国籍を見ると、イタリア、スペイン、イギリスが圧倒的に多く、アセアンのライダーは少ない。ただ、2014年の鈴鹿4時間耐久では、ヤマハからインドネシア2チーム、マレーシア1チームが出場し、インドネシアチームが見事にワンツーフィニッシュを果たすなど、実力のあるアセアンのライダーは確実に増えているのも事実。

 またヤマハは2015年に、アセアン地域の各国の現地法人と連携し、同年アジアロードレース選手権(ARRC)に新設された250ccクラスに、7チーム13名が参戦するなど、アセアンを舞台に、アセアンのライダーを積極的に支援してきた実績がある。

 さらにヤマハは2016年には、マレーシア、タイ、日本、インドネシア、インドと各国で戦われる、アジアロードレース選手権の最高峰であるスーパースポーツ600(SS600)クラスに、新たにチームを発足し、マレーシア、タイのライダーが活躍している。ちなみに、SS600クラス出身者は世界選手権で活躍しているライダーも多く、世界にむけてのステップアップの登竜門の一つになっている。

 特にインドネシアは世界第3位の二輪車の市場でもあり、生活の足として使われていたスクーターから、近年ではスポーツタイプへと人気がシフトしている。また、レース活動への関心も高まっていることからも、実力のあるライダーが次々と誕生しているのだ。「VR46 Riders Academy」でトレーニングを受けた若手アセアンライダーたちが、もうすぐ開催される鈴鹿8時間耐久レースや、二輪レース最高峰のMotoGPで活躍する日はそう遠くはないはずだ。(編集担当:鈴木博之)

Economic News

最終更新:7/2(土) 19:55

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。