ここから本文です

IMALUが“さんまDNA”発揮! MCで新境地

東スポWeb 7月2日(土)20時15分配信

 タレントのIMALU(26)が2日、都内で行われたアマチュアシンガー世界一を決める「KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016」(第一興商主催)の東京予選大会のMCとして登場。父・明石家さんま(61)の血を引き継ぐ“サラブレッド”ぶりを見せつけた。

 東京大会には50人が参加し、予選を通過したのは10人。予選通過者に対してIMALUは「歌がうまいのはすごく感じました。聴いていると、小さいとき口ずさんでいたなとか、ああ、今、こんな新しい歌がはやっているんだなと感心しました」と満員の会場に向かって堂々と語った。

 舞台度胸に加え、声もよく通るのはさんまと母・大竹しのぶ(58)譲りだろう。IMALUの新境地としてMCという選択もあるのかもしれない。

 同大会は今後、日本大会決勝、アジア大会、11月のカナダでの世界大会と進んでいく。

最終更新:7月3日(日)15時22分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。