ここから本文です

【WWE日本公演】ナカムラが実力者オーエンズ圧倒 連夜の「イヤァオ!」

東スポWeb 7月2日(土)20時52分配信

 世界最大プロレス団体WWEの日本公演「WWE Live Japan」最終日(2日、東京・両国国技館)、元新日本プロレスのシンスケ・ナカムラ(中邑真輔=36)がケビン・オーエンズ(32)を撃破。連日の凱旋勝利を飾った。

 前日(1日)はクリス・ジェリコ(45)に勝利を収めたナカムラはこの日、元WWEインターコンチネンタル王者の実力者と対戦。重厚な入場曲で体をくねらせながら姿を現したナカムラには、この日一番の大声援が巻き起こった。

 おきて破りのバイブレーションムーブからキャノンボール・セントーンを繰り出してきたオーエンズに対し、ナカムラは串刺し式をはじめ多彩なヒザ蹴りで攻め立てる。

 終盤はオーエンズのパワーファイトに苦しめられたものの、ジャンピング式のキンシャサ(ボマイェ)を突き刺すと一気に形勢逆転。リバースパワースラムから必殺のキンシャサ・ニーストライクを炸裂させて、貫禄の3カウントを奪ってみせた。

 新日時代と変わらぬしなやかなファイトスタイルで、WWE日本公演でも2連勝を飾ったナカムラは、試合後のリング上で日本のファンと決めゼリフ「イヤァオ!」の大合唱。4月のNXTデビューからいまだにWWEマットで負け知らず。日本が世界に誇る「キング・オブ・ストロングスタイル」の実力を改めて証明した。

最終更新:7月2日(土)21時25分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]