ここから本文です

阪神、伊藤隼の適時内野安打で勝ち越し

デイリースポーツ 7月2日(土)16時53分配信

 「阪神-中日」(2日、ナゴヤドーム)

 阪神の伊藤隼太外野手(27)が、勝ち越し適時打を放った。

 2-2で迎えた五回、1死から3連続四球で満塁の好機で打席が回ってきた。中日先発・小熊の投じた6球目を打ち返した。鋭い打球は小熊のグラブをはじく内野安打となり、三走のゴメスが生還。勝ち越し点をもたらした。

最終更新:7月2日(土)17時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報