ここから本文です

阪神、接戦制し連敗止める 伊藤隼が決勝打 能見5勝目

デイリースポーツ 7月2日(土)18時36分配信

 「中日2-3阪神」(2日、ナゴヤドーム)

 阪神が接戦を制して連敗を2で止めた。

 二回、西岡の右前適時打で先制すると、ダブルスチールなどで1死二、三塁から中日・小熊の暴投で1点を追加。直後に同点とされたが、五回1死満塁で伊藤隼が投手強襲内野安打を放って勝ち越し、これが決勝点となった。

 先発の能見は6回2失点で5勝目(6敗)を挙げた。二回に中日・福田に2ランを浴びて追いつかれたが、三回以降は走者を背負いながらも粘りの投球。七回からはマテオ、藤川、ドリスが、いずれも1回無失点で逃げ切った。ドリスは5セーブ目を挙げた。

 中日は連勝が2で止まった。先発・小熊が4回1/3を投げて6安打3失点で2敗目(3勝)。2-2の五回、1死から3連続四球で満塁とすると、伊藤隼に適時内野安打を浴びた。打線も拙攻の連続だった。

最終更新:7月2日(土)20時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報