ここから本文です

阪神・伊藤隼「恥ずかしい当たり」が決勝の内野安打

デイリースポーツ 7月2日(土)19時11分配信

 「中日2-3阪神」(2日、ナゴヤドーム)

 阪神が逃げ切って連敗を2で止めた。五回、1死満塁から伊藤隼が投手強襲の適時内野安打を放ち、これが決勝点となった。

 2-2の五回、1死から中日先発・小熊が乱れ、ゴメス、福留、西岡が3連続四球で満塁。ここで伊藤隼が打席に入った。カウント2-2からの6球目、打球は投手正面だったが、小熊のグラブをはじいて内野安打に。三走・ゴメスが本塁を踏んだ。

 伊藤隼はヒーローインタビューで「ボールに気持ちが乗り移ったのかなと。必死に走りました」と、決勝打を振り返った。今年は春季キャンプ前に右肩を痛め、1軍に初昇格したのは6月15日。この日で10試合目の出場だが、打率・240にとどまっている。七回の打席では代打・原口を送られた。前日1日の中日戦は代打で適時三塁打を放っているが「自分には余裕がないので、1打席1打席必死にやるだけです」と、冷静に自分の立場を見つめる。

 愛知県出身で、ナゴヤドームでの試合には「家族が何人か来ていると思います」という。家族の前での決勝打に「恥ずかしい当たりですけど、結果なんで、喜んでくれると思います」と、少しだけホッとした表情を浮かべた。

最終更新:7月2日(土)20時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]