ここから本文です

巨人 エース菅野の代打・大田が同点打

デイリースポーツ 7月2日(土)20時55分配信

 「ヤクルト-巨人」(2日、秋田こまちスタジアム)

 巨人が六回、代打・大田の適時打で同点に追いついた。

 1点ビハインドの2死一、二塁の好機で、エース菅野の代打として打席に送られた大田は、ヤクルトの先発右腕、デイビーズの139キロ直球をフルスイング。打球は向かい風をものともせず、右中間を真っ二つ。二塁走者のギャレットが生還して同点に追いついた。

 一塁走者の実松もホームを狙ったが、中継プレーの前にタッチアウトの判定。微妙な判定に、VTR検証が行われたが判定は覆らなかった。

 菅野は6回6安打1失点の好投も勝ち負けはつかず。2番手として、宮国がマウンドに上がった。

最終更新:7月2日(土)21時2分

デイリースポーツ