ここから本文です

比嘉がKO勝ちで東洋王座獲得 二十歳の10戦10KO無敗王者

デイリースポーツ 7月2日(土)21時54分配信

 「東洋太平洋フライ級タイトルマッチ12回戦」(2日、後楽園ホール)

 東洋太平洋同級5位の比嘉大吾(20)=白井・具志堅スポーツ=が、同級王者のアーデン・ディアレ(27)=フィリピン=を4回2分39秒KOで下し、新王者となった。比嘉は10勝(10KO)無敗のパーフェクト・レコードも伸ばした。

 圧倒的なスピードと攻撃力を見せつけた。立ち上がりからエンジン全開で襲いかかった比嘉は2回、左ボディーから左アッパー、右ストレートのコンビネーションで最初のダウンを奪った。KOしたと勘違いして、ニュートラル・コーナーに駆け上り雄たけびを上げた。「恥ずかしかったけど、逆に負けられないと気持ちを切り替えた」と、気落ちするどころかパワーに変えた。

 タフな王者から3回にも左ボディーの連打でダウンを奪った。そして4回、やはり左ボディーから左フック、アッパーと連打で追い詰め、最後は強烈な左ボディーで仕留めて見せた。試合直後は涙をこぼした。「いつもそうなんですけど、試合前は怖くて怖くて…。不安で朝起きると髪の毛がごっそり抜けているんです」と、ファイトスタイルに似合わぬ繊細さも持ち合わせる。

 比嘉は「練習したことが全部できた」と言う。「特に最初のダウンを奪ったコンビネーション。これまで最初の2つまでしかできなかったのが、最後の右も打てるようになった」と満足そうに振り返った。

 自ら沖縄・宮古島に足を運びスカウトした具志堅用高会長は「僕は比嘉を教えたことは一回もないんですよ。われわれの時代と同じ闘い方をする。昭和30年、40年代のボクシングですね。お客さんが喜ぶスタイル。今が一番強い。年内、大みそかに世界挑戦させたい」と断言した。

 WBO世界同級6位、IBF同7位のディアレを倒したことで、世界ランク入りは確実。「カンムリワシ2世」が本家と同じ21歳で世界奪取を狙う。

最終更新:7月2日(土)21時57分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]