ここから本文です

松岡修造&寺川綾、テレビ朝日リオ五輪キャスター「その先には東京がある」

オリコン 7月2日(土)5時0分配信

 スポーツキャスターの松岡修造が、テレビ朝日のリオデジャネイロオリンピック番組のメインキャスターを務めることが1日、わかった。2014年ソチ冬季五輪に続いて7度目の五輪をこれまで以上に熱く伝える。フィールドリポーターには元競泳日本代表の寺川綾を起用。引退後、初めての夏季五輪に「選手として出場しないオリンピックを現地で見る、応援するのは初めてなので、どういう心境になるかはわからない」としつつも、「修造さんと熱くなる」と意気込んでいる。

団体で金メダルを狙う体操男子日本代表

 現地時間8月5日、日本時間同6日に開幕するリオ五輪。同局では、日本時間5日の『開幕直前スペシャル』、同6日の『開会式ハイライト』『バレーボール女子予選日本対韓国』にはじまり、柔道、競泳、重量挙げ・女子、レスリング・女子、新体操・団体などの種目を放送する。

 松岡は「きょうから君はリオオリンピックだ! それが、僕が伝えたいワードです」と抱負を語る。「いまの自分の思いは“応援”しかない。遠く離れたリオデジャネイロで頑張っている選手たちの想いを、いかにして日本の視聴者の方々に伝えるか、番組をやらせていただく僕にとっての一番大事な役割だと思っています。きょうから君はリオオリンピックだ!という番組にしたいですね」。

 彼の言葉は「みんなもオリンピックに参加するんだ」という当事者意識を促すもの。「その先には東京がある。僕はそれもぜひ伝えたい。なぜならオリンピック期間中、世界中がリオデジャネイロという場所に注目します。それが4年後には東京になるんです。そのためにも“自分たちのオリンピック”ということをより感じてほしい」と力を込めた。

 松岡と寺川は同局で中継した『世界水泳2015』でもタッグを組んでおり、寺川は「修造さんとは盛り上がったときのテンションがすごく似ているんです。『僕についてこなくていいからね』と言われましたが、あまりにも同じテンション過ぎて、ついていくとかではなく、自分なりに何も飾らず、自然な状態でできるのかなと思っています」と信頼を寄せている。

最終更新:7月2日(土)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。