ここから本文です

中山優馬、初主演映画が公開「価値があるもの」 さかなクン似でNG出していた

オリコン 7月2日(土)17時58分配信

 俳優の中山優馬が2日、都内で行われた初主演映画『ホーンテッド・キャンパス』初日舞台あいさつに出席した。

 共演者らで中山の意外な一面を言い合うことになり、高橋メアリージュンは「ユーモアがある。顔はかっこいいのに、さかなクンの物まねとかやってくれたり」と明かすと、中山自身も「監督がよく、僕が演技したあとに、『カット! NG! さかなクンの顔になってる!』って言ってましたね」と打ち明けて笑わせた。

 同作は、櫛木理宇氏の小説を竹本聡志監督が映画化。臆病なのに霊が見えてしまう大学生が片思いの後輩を追ってオカルト研究会に入り、仲間たちと一緒に呪われたキャンパスで巻き起こる怪事件の謎を解く。

 ついに初日を迎えて、中山は「撮影は1年以上前に終わっていたんですが、実際に映画を観てみると、懐かしいなという思いもありつつ、仕上がったものを観ると迫力もあって、映画って価値があるものだなと改めて思いました。こうして今日皆さんに観ていただけてうれしいです」と思いを伝えた。

 そのほか、島崎遥香、大野拓朗、安井謙太郎(ジャニーズJr.)が出席した。

最終更新:7月2日(土)17時58分

オリコン